職業、新卒ブロガー(仮)

「個」の時代と言われるようになった時代に"新卒ブロガー"として生きる道はあるのか?自らを実験台にしてみました。

男の子ってめんどくさい

 

 

もはやおはようございます。よしこです。

 

 

 

 

 

 

やっぱり深夜に更新になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もインターンで働いて、その後異動で新しく店舗のスタッフになった社員さんの歓送迎会がありました。

 

 

 

 

 

 

 

僕はお酒が飲めないのですが飲み会はすきです。

 

 

 

美味しいご飯を囲みながら日々の鬱憤を解消するなり、たわいもない話でバカみたいに大声で笑い合うあの独特の空間はいいですね。

 

 

飲まなくても酔っ払いと同じテンションで過ごせるのは自分の強みだと勝手に思っています。

 

 

 

 

 

飲み会の後、小学校からの友人で東京で営業の仕事をしている友人と電話をしました。

 

 

 

 

 

そこで「就職ってせんといけんのんかな?」との僕の問いに対し、友人が「それはフリーランスの仕事やクリエイティブな仕事の表面しか見てない気がする」と言われ、しばらく考え込んでしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

なぜ即答できなかったのか。

 

 

 

 

 

自分の意志の弱さや、これからの具体的なアクションについて真剣に考え抜いてなかったことが選択への迷いを生んだのだと思います。

心のどこかで企業に就職しないことは「逃げ」だと思っている自分を感じてしまったのです。

 

 

 

 

 

でもやっぱり僕が気になるのは自分の価値をお金にかえることなんです。

 

 

 

 

 

 

もっといえば自分にはどんな価値が生み出せるのだろう?

 

 

 

 

 

それが気になるし、ほんきですきな事について勉強して発信した結果どんなものが生み出せるのか?それが気になるんです。

 

 

 

 

 

 

今はまだ僕の価値はお金にかえることは出来ません。

 

 

 

 

 

方法も手段もわかりません。

 

 

 

 

 

だからこそ最低限の収入は稼いで後は全部すきなことに時間を投入したい。

 

 

 

 

 

好き勝手するのが無責任ならそれでいい

 

 

 

 

世間的にみすぼらしくたってかっこ悪くたってモテなくてもいい

 

 

 

 

 

研究してみたいんです。これからの新しい生き方を。

 

 

 

 

 

 

 

そういうことなんだと気付いた午前4時

 

 

 

 

 

 

寝ます。